中学時代、職場、それぞれで出会ったワキガの女友達

中学2年の時、仲良くなった色白の可愛い女の子がワキガでした。
彼女は不登校気味で、いじめというほどではありませんが、なんとなく無視されていました。
その原因は「くさい」ということ、ワキガでした。
仲良くなって毎日一緒にいるようになるとやはり、臭いは気になります。
こればっかりは慣れるということができませんでした。
私は思い切って腋の臭いを抑えるパウダーをプレゼントしました。
彼女を傷つけてしまうかと心配だったのですが、予想以上に喜ばれました。
本当は自分でも気になっていてパウダーやスプレーを買いたかったそうなんです。
でも、買い物にはいつも親と一緒に行くため、なかなか買えずにいたのだと話してくれました。
このパウダーが予想以上に効果があったんです。
毎日使うようになると、ほとんど臭いは感じなくなりました。
それから彼女は友達も増え普通に登校するようになり、高校ではかなり人気者でした。
もともと可愛らしく優しい子でしたから当然だと思います。
もっと早くワキガの対処ができていたら、親に相談できていたら、不登校にはならなかったかもしれません。
大人になると自分でしっかり臭いケアをされている方が多く、ワキガだと気が付くこともすくなくなります。
なので、職場の同僚が実は自分がワキガだと言ったときは驚きました。
ロッカー室で並んで着替えたりしていても全く気が付きませんでした。
いろいろ話を聞くと、彼女の場合は治療済みのワキガというのでしょうか。
臭いがしなかったのはそのためだと思います。
彼女もやはり学生時代にはいじめを受けていました。
デオドラント商品をこまめに使うように気をつかっていたそうです。
ですが、初めての彼氏の一言で治療を決意。
彼氏と別れ話で喧嘩になったときに「お前はワキガだから股もくさいんだよ」と言われたんだそうです。
実際のところ、ワキガだから他の箇所も臭いがしてしまうのかわかりませんが、ひどい言葉なのは間違いありません。
腋の手術済で、さらに全身脱毛もずっと受けていました。
私が出会ったこの二人は偶然ですが、色が白く可愛かったです。
臭い問題は見た目問題と同じくらい重大だと思います。
悩んでいる特に子どもたちには親が早めに対処法を教えてあげて欲しいと思います。

よく読まれてるサイト:ワキガに効くクリームをamazonで注文してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です