自律神経の不調による血圧が上下してしまう私の奮闘記

私は自律神経失調症になっています。
血圧が高くなってくると顔が熱くなる、息が苦しくなる、頭が痛い、めまいがするなどといった症状が起きます。
しかしながら私は常時高いというわけではありません。
緊張する場面や不安感があるとき、低気圧が来る、温暖の差が激しい時に血圧が一気に跳ね上がってしまうのです。
具体的な数値をこれから書いていきます。
まず朝起きてすぐに血圧を測ると最高血圧が110最低血圧が65くらいでした。
それが体調が悪い時に計ってみるとひどい時には最高血圧が200、最低血圧が110になったこともありました。
普段は心療内科に通っているのですがもしかしてと思い、循環器内科や内科などで血圧についてみてもらいました。
しかしながらどのドクターも血圧の薬を出しますねと言ってはくれるもののパニックによるもの、自律神経にかかるものを説明しても受け入れてくれませんでした。
不審に思った私は高い血圧の薬でしたが飲まずに再診をしました。
その時は体調がよかったのでドクターは「おお、下がってる下がってるよかったな」と言ってくれましたが薬を飲んでないことを伝えました。
しかしながらドクター的には納得がいかなかったようでではもう一度来てくださいと言われ、「飲んでないので持っています」という私の訴えを無視し、また高い血圧の薬を出されました。(残念ながら薬剤師の人にも相談しても無駄でした)
次も飲まずに行ったのですが血圧は正常。
しかしまた血圧の薬を出されました。
さすがに嫌だったのでもうそこの病院には行っていませんが、自律神経による血圧の変動はやっぱりちょっと特殊です。
家族や周りの人に話を聞くと、暑くないのに暑いという、息が絶え絶え、突然そんな数値になったら普通の人だったらひっくり返ってしまうよと言われてます。
きちんと理解がある家族ですらそれなのですからやはり知識のない方だと不安になってしまいますよね。
ちなみに私はそれからというものの農家をはじめ、毎日体を疲れない程度動かす、野菜をしっかりとる、食事はゆっくりとを心がけることによって悪い時でも最高血圧が160、最低血圧が80程度にまで落ち着きました。
血圧の薬は高額ですし一生飲み続けないといけないようになってしまうかもしれません。
自分でできることは始めてみてはいかがでしょうか。
購入はこちら>>>>>血圧を下げるサプリは市販されていない?知らなきゃ損する得ダネ情報!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です